事業内容
プルデンシャル・モーゲージ・キャピタル・カンパニー(以下、「当社」といいます。)のレンディングビジネスは、ニュージャージー州ニューアーク市の、当時のプルデンシャルの本社ビルの数ブロック先にあった不動産に対するファイナンスからスタートしました。 以来、当社は、プルデンシャル・ファイナンシャル・インク・グループ内外の幅広い投資家より受託した資金を、生命保険会社としての長期安定的な運用に資するため、年間数十億ドルのローンを商業用不動産等向けに提供してきました。
今日、当社の東京支店では、主に、日本におけるプルデンシャル・ファイナンシャル・インク・グループ内の生命保険会社からの受託資金の運用者として、当社を無限責任組合員として組成されたPrudential Mortgage Asset Holdings 1 Japan投資事業有限責任組合(東京都知事(2)第31253号)及びPrudential Mortgage Asset Holdings 2 Japan投資事業有限責任組合(東京都知事(1)第31517号)(以下「当組合等」といいます。)を通じて、日本にて積極的に商業不動産向け融資を行っています。当組合等が提供するローンは、長期・固定ローンが中心ですが、ボロワーのニーズと案件の特徴に応じて多様なストラクチャリングを提供しており、日本の不動産マーケットにおいてもボロワーの皆様に高く評価して頂けるものと考えています。